« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

病み上がりのダッシュ

4月8日。
風邪をひいたらしかった。
寒気、咳、発熱。
翌日会社を休んだ。

その次の週から、仕事は多忙を極めた。
毎日23時に事務所を出た。
無論、帰宅マラソン等出来ない。

筋力が落ちたことを自覚しながらの、4月18日の練習。
最初のダッシュで息が上がる。
辛い。
でも、練習でコンディションを上げることもできる。
こうして、この日も頑張った。
最後のゴール練習では足が笑った。

また一からやり直し。
初戦まであまり時間がない。
やるしかないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今世紀の最大の課題

4/4 久地で練習。
これまで強風でろくな練習ができなかったが、この日は風が殆どなかった。
代わりに、他の競技者がいっぱいいて、スペースが殆どなかった。
最初の1時間は、ハンドやピックを中心とした、所謂基礎練習。

途中、タケさんの一声で反復横飛びを取り入れた練習があった。
〔反復横飛び30秒→シャトラン〕

昔は”反復横飛びの帝王”とその名を轟かせた私だが、あれから年を取り、体重も増やした今、かつての輝きはなかった。
しかも、反復横飛びだけでなく、その直後にシャトランがある為、少し力をセーブした感があった。

こういう時、いつも自分の目標になるのは加瀬Cだ。
慎一や山竹さんはちょっとタイプが違う。
加瀬Cは、自分より少し体が大きく、瞬発力もあり、そして若い。
目標とするにはちょうどいいのだ。

最後の一本、山竹さんと加瀬Cと3人でやった。
いい勝負だった。
ゴール前で足がもつれた。

足がつったり、もつれて転んだ経験があまりない私は、初めて限界に近づいたのではないだろうか。
(大体、肺の方が先に来る)
淳二がグッタリしていたので、前回の代々木公園同様、生き残ったことに自己の成長を確かめる。


キック練習。
前回右足のキックが散々だったが、今回はそこまで悲観する状況ではなかった。
早い段階で修正できたということだろう。
しかし、大きな課題は残されたまま。

それは、「低いボールが蹴られない」ということ。
自分がディレクションに正確に蹴ろうとすると、ハイボールになってしまう。
意識して低いボールを蹴ろうとすると、地球を蹴ってしまう。

これは昔加瀬Cから対処法を教わったことがある。
「体が空へ向こうとする動きをコントロールすること」
要するに体を前に倒してボールを蹴ることだ。
しかし、強いボールを蹴ろうとすると、体が起きてしまうし、抑えようとすると地球を蹴ってしまう。

これは大きな課題だ。
これがクリアできれば、もっと流れの中でのキックが出来るようになる気がする。
これが出来てやっと半人前。

練習あるのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »