« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

痛み

16日、名古屋戦@豊田。

中盤での先発。
加瀬Cの期待に、気合いが入った。
そうだ、僕はそこそこ頑張って来た。

試合開始すぐ、名古屋に先制される。
相手選手へのマークはまだ甘い。
もっとやらなければ。

試合開始5分。
右足から「パキパキッ」と音がした。

別に相手と接触した訳でない。
方向転換しようとしただけだった。
右足を内側に捻ってしまった。

こんなに格好悪いことはない。
僕は隠して試合を続けた。

しかし、スピードで相手に付いて行けない。
いつもより一段と疲れる。
踏ん張れないから、簡単に相手に弾き飛ばされる。

「相手にもっとつけ!」「安心してんな、走れ!」
加瀬Cの激が飛ぶ。
もう気力ではどうすることもできなかった。
途中で下げられた。

第2クウォーターは出番無し。

第3クウォーターもウイングで出場。
勿論痛みはある。
むしろ時間を追う毎に増している。

最初のプレー。
自分に横パスが入る。
相手を交わそうとすると、相手の腕が僕の首を刈る。
僕は倒れた。

反則を取ったが、僕は地面を叩いた。
ようやく自分のプレーが出来ると思った瞬間だった。
私は再び交代した。

第4クウォーター。
足のつったタケさんに代わって再登場。
この時点でのベストを尽くした。

そのまま試合終了。
立っていられなかった。
直ぐに氷を持って来て貰った。

その場で僕は膝を抱えた。
僕を支配していたのは、悔しさのみ。
味方が走る中、自分は何もできなかった。


ちょっと心を整理します。
戻るか、戻らないかは、解りません。

Dsc_0002左足(正常)

Dsc_0001右足(腫れ有り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーズン初戦前夜

遂に明日、2010シーズン初戦を迎えます。

久しぶりの27番。
Dsc_1250

7時10分の新幹線で名古屋に向かいます。
頑張ります。

今年はインターナショナルカップに向けて、大事な一年ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悟り

5月9日の練習で悟ったこと。

寝不足でスポーツをしてはいけない

睡眠時間1時間半。
しかもそれは、朝8時半から10時までだ。
その後、眠い身体を起こし、電車に1時間以上立ったまま、駅から約20分の徒歩。
遅れて参加。

身体が重い。
いつも以上に早く息が上がる。
そして最後、マークをしようとした際に右手中指薬指をやってしまった。

やはり、寝不足は集中力の欠如を生む。
チームメイトにも悪い事をした。

遂に来週は名古屋戦。
ちゃんと寝てから行きます。

***
明日サッカーW杯の日本代表発表があります。
どんなことがあっても、平山を選出するべきだ。
チームが負けている後半30分以降のオプションとして使える。
闘莉王を上げれば良いという話もあるが、それはただ放り込む最後の時間帯のこと。
ポストプレーができれば、他の選手のスピードも生きる。
自分が監督なら。

GK:楢崎・西川・川島
DF:中澤・闘莉王・岩政・駒野・内田・長友・徳永
MF:中村・中村・長谷部・遠藤・稲本・今野・阿部・松井・石川
FW:岡崎・平山・矢野・玉田


矢野
松井
長谷部・中村・中村
稲本
長友・中澤・闘莉王・駒野
楢崎

でも、こうはならないだろう。
予想は、こう。

GK:楢崎・西川・川島
DF:中澤・闘莉王・岩政・駒野・内田・長友・阿部
MF:中村・中村・長谷部・遠藤・稲本・今野・松井・石川・本田
FW:岡崎・大久保・森本・玉田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐れ

5月5日、連休最終日。
いつもの帰宅マラソンのコースを逆走し、中間くらいの地点で折り返した。

どうも、右足に痛みがあり、うまく行かない。
1日の練習で怪我をしたのかと尋ねられたら、そうではないと答える。
1日の時点で、既に痛かったからである。

といっても、練習の時には痛みはなかった。
痛みに法則性がない。
つまり原因がわからない。

マラソンの最後は、まるで24時間テレビのような状態だった。
残された時間は多くない。
休ませるところを休ませて、修正するところは修正しなければならない。

丁度一年程前に、チームメイトの慎一がこう言ってくれた。
「一流選手でも、怪我のひとつやふたつ抱えているものだ」
僕は三流選手だが、怪我は至るところに残ってしまっている。

つまり、その中でのベストの状態を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急事態

5月1日。
2週間ぶりの練習参加。
そして、これが2週間ぶりの運動となった。

最近とても忙しい。
それを言い訳にしたくないが、4月になり部署も変わり、その整理等でシャレにならなかった。
とても帰宅マラソンどころではなかった。
地獄の4月が過ぎ、ようやく落ち着いて来たと言っていいが、とにかく身体は鈍っていた。
最初のウォームアップでわかった。

この日は最後に実践練習(ゲーム)があった。
加瀬Cに中盤の仕事をするよう指示され、兼ねてからの希望のポジションに気持ちは入った。
だが、身体が付いていかない。
長い距離走れない。
足でなく、肺に来ているところからも、準備不足は明らかだった。

しかし、それよりショッキングだったのは、まともにボールを蹴られなくなってしまっていることだ。
ビハインドからのキックがろくに蹴られない。
一体どういうことだ。

練習不足が一番の要因だとしても、それにしてもヒドすぎる。
恐らく低いボールを蹴ることを意識しすぎてフォームがバラバラになってしまったのだろう。
ボールを落とす手の形も、当たる足の箇所も、全く忘れてしまっている。

これは非常事態だ。
過去ここまで上手く行かなかったことはない。
練習で戻す事が出来るか。
試合は近い。
やるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »