« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

まだ飛べる

27日の試合。
もう少し細かく振り返る。

第1Q
フルバックではなく、バックポケットで出場。
とはいえ、キーマンである相手フォワード・サトケンを原と一緒に見る形となった。
サトケンは背が高い。

ゲームが始まっていきなり、ハイボールが襲って来た。
僕は彼の前に身体を入れ、彼にマークをさせなかった。
しかし、私の手に触れたボールは後ろにこぼれ、ゴールを決められそうになった。
キックミスでゴールは免れたが、ブロックに入った際、身体をポールに強打させてしまった。
左肘を負傷。
(試合は継続できる状態だったが、この左肘は今とても痛い)

その後、押される展開が続く。
試合の流れで、僕がラックマンをやる展開に。
相手は長身のサトケン。
しかし、僕は勝つ自信があった。
僕のバネを見くびるな。

ボールがアップされる。
やはり触ったのは僕。
俺は、やれる。
しかし、僕が弾いたボールの方向には駒大の田中がいた。
「折角勝ったのに、畜生」

ここまでが空中での話。
着地した時、右足に激痛が走った。
捻挫していた右足首を、またやってしまったのだ。

まだ、走れる状態だった。
しかし、直後に交代を告げられた。
外から見たら、痛めたのが明らかだったのだろう。
こうして1Qが終わった。

第2Q
ウイングで出場。
いきなりタックル成功。
山口に言われた。
「はやっさん、もう少し下で」
バレたか。
実は僕のタックルは相手の左肩に掛かっていた。
つまり、Too High、反則だった。
でも、2Qは確かに雰囲気が良かった。
タケがゴールを決め、追いつける気がした。

しかし追いつけなかった。
第3Q、初めてサトケンのマンツーを命じられる。
誰にも負ける気がしなかった。

ゴール際、ボールを追った。
ボールがラインを割った、それを見届けた後だった。
右足に激痛が走った。
また、挫いてしまったのだ。
今度は動けなかった。
のたうち回った。
痛みで顔をしかめるとはこういうことか。

第4Q
痛みを忘れる様に、出場を志願した。
疲れているチームメイトを助けなければ。
足を引きずっているのは、自分でもわかった。

そんな中、相手ビハインドから私の方にボールが向かって来た。
マークした。
ゴールまでの距離があった。
背後からボールを求めるJamesの声がした。
しかし、僕は狙った。

ボールは真っ直ぐゴールの方向に飛んだ。
「来い!」
僕の声は届かず、ゴールスクエアに落ちた。
あともうちょっとだった。

その直後、交代が告げられた。
そして、試合終了の合図。
僕は座り込んだまま、動く事ができなかった。

試合後、道人と話した。
敗因、そしてこれからの事。

「次のICは最後のチャンスだから」
そういった僕に、彼は
「いや、もう一回くらい行けるでしょう」

そして、彼は言った。
「やっぱり、ICですよ」

インターナショナルカップ。
この痛みの先に、きっとそれはある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悔しくないのか?

我がホークスは、27日の試合で、駒沢マグパイズに敗れた。
惨敗だった。
敗因は、誰に聞いたって「練習不足」だ。

でも、それ以前に問題がある。
そもそも「勝つ気があるのか」。

アップの段階から談笑している。
試合後も「皆、気負い過ぎだよね」と言っている者もいる。
ある人からは、「同窓会気分でやっているのではないか」とズバリ指摘された。

この試合、僕は3Qでまた右足首を再負傷して、下がらざるを得なかった。
でも、僕はそんな連中と一緒にされたくないと主張したかったから、4Qに痛みを押して出た。
例え、この足が折れちまったって、どうせ僕の足だ。
この世の中にとって、さして影響は無い。

悔しくないのか?
駒沢の連中がスコアボードの前で誇らしげに写真を撮っているのを見て。
悔しくないのか?
試合を観に来た女子大生がキャーキャー言っているのを見て。
悔しくないのか?
自分達の無力さを感じて。

俺は、悔しい。

ケガで満足にプレーが出来ない自分に。
プレーでチームを立て直す力のない自分に。

まだシーズンは終わっちゃいない。
全てに、諦めてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFLを観ていたら

この解説者どっかで見た事あるな〜と思ったら、Matthew Lloydだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

love me, love me...

6月23日、3キロ帰宅マラソン実施。
信号待ち2回あり、時計をいちいち止めたのであくまで参考記録だが、初めて15分(5分/キロ)を切った。

要因は2つ。
1.スーパーなヴァーム(黒いヤツ)を飲んだこと。
2.事務所を出る前に、帰宅マラソンの師にアドバイスを貰った。
なるべく腕を後ろに持っていき、推進力を付けること。胸を張って、肺活力を最大限に活かすこと。

今日は特に腕の振り方に気を付けたのだが、確かに推進力が付く(気がする)。
元々猫背気味の僕が、苦しい時に如何に腕を振れるか、胸を張れるか。
これも鍛錬なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺達のジャイアントキリングとは

3月に富山を旅した。
高岡駅前のビジネスホテルに泊まったが、最後の朝になんとなしにテレビを点けていた時、あるアニメの番宣が流れた。
「ジャイアントキリング」
サッカーのアニメだ。
僕は帰りの列車の中で読もうと、富山駅の本屋で何冊か購入し、持ち込んだ。

僕はフッティを始めてからというもの、サッカーを観ることが殆ど無くなった。
加瀬が「サッカーは中々点が入らなくてつまんねぇ」と言っていたが、全く同感だ。
それでもオシム氏が日本代表監督をしていた頃は観ていた。
(オシム新監督の初試合は国立まで見に行った)
オシム時代のハイライトは、何と言ってもアジアカップのオーストラリア戦だ。
それまで勝つのが当然だった対戦だったが、オーストラリアは違った。
アジアでもトップクラスで、世界でもひけを取らない実力を持っていた。
試合は相手に退場者が出た上に、PK戦までもつれ込んだ上に、日本が勝利した。

しかし、特筆すべきはその内容だった。
これまでに無い程、強豪を圧倒していたのだった。
中村憲のサイドチェンジに始まり、駒野が、加地が、そして、中村俊が、遠藤が、どんどん味方を追い越して行く。
目くるめく展開に、僕の心は躍った。
この試合の日本代表は、史上最強であっただろう。
この勝利の後、日本は連敗しアジアカップを逃したが、未来を期待するのに十分だった。
その矢先、その監督は倒れてしまった。

岡田監督も悪い監督ではないと思うが、細かいエリアを打開する戦術なので、サイドチェンジの数が圧倒的に減り、ダイナミックさに欠ける。
頑張ってほしいとは思うが・・・。

このジャイアントキリングという漫画は、若くしてサッカー監督となった主人公を中心に話が進む。
効果的な練習と、モチベーションの上げ方。
つくづくチームマネジメントというものを考えさせられる漫画だ。

僕のフッティの選手生活はもうさほど長くない。
引退後機会があったら、フッティの監督をするというもの面白いと思う。
ゴアナーズやレッドバックス等の強豪を倒す為にどうするか。
そして、ニュージーランドや南アフリカ、サモアに勝つ為に何をするか。
日本のフッティは、サッカー同様、まだジャイアントキリングを楽しめるレベルにあるのだ。


ところで、この漫画の主人公・達海猛だが、何か雰囲気がうちの加瀬Cに凄く似ている気がする。
指示は的確であるが、無頓着なところは本当に無頓着であり、だが胸には熱いものがある。
彼も監督専任になった時、面白い監督になるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試行錯誤

6月13日、江戸川グラウンドにて練習。

練習前に白井さんとショートキックをしたが、どうも上手くいかない。
確実に下手になっている。
「足首を固定した方が良い」
そうアドバイスされて取り組むも、好転せず。
練習に入り、キックをして見てもダメ。

調子を落としてから色々とキックを試しているが、どうもいけない。
そこで、隣りで蹴っていた加瀬Cのフォームを見て、チェックしてみた。
最初は左手の形かなと思って真似してみたが、上手く行かない。
やはり、ボールの落とし方か。

実は落とすボールの位置を安定化させる為に、チームメイトのJamesの真似をしていた。
なるべく右手で反動を付けて落とす。
しかし、加瀬Cの落とし方は、言わば「そっと落とす」感じだ。

そっと合わす方に変えてみた。
すると、ボールが奇麗に縦回転を始めた。
これは良いかもしれない。

その後も中々良いボールを蹴られた。
暫くこのやり方を続けてみたいと思う。

キックは、試行錯誤の連続だ。
良くなったと思っても悪くなり、ふとした変化で良くなったりする。

昨年のグランドファイナルの時はJames方式で安定していただけに、いつかは戻したいという気持ちはあるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停滞

6月10日の3キロラン。
結果、15分22秒。
前回より後退してしまった。

原因は何でしょう。
一駅分ジョグをしたから?
入りのタイムが遅かったから?
疲れていたから?

まあ、考えずに走ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつつ

夢を見た。


僕はアップをしている。

相手チームもアップをしている。

相手チームは恐らくオーストラリアのチーム。

反復横跳びのようなことをしている。

ガタイの良い連中が、もの凄い俊敏な動きをしている。

「こんな奴らに勝てるのだろうか?」

そう思ったところで、目が覚めた。


>>>
鴨下君、内定おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我慢我慢

6月6日、川口にて練習。

右足の捻挫は大分良くなって来た。
ただ、ロングキックの時にはまだ痛む。
ということは、まだ怖い。

全力でやれないことのもどかしさ。

集中力というのも当然途切れる。
加瀬Cからは、「集中せよ」と激が飛ぶ。

しかし、治しながら上げて行くことが今の一番の目標。
逸ってはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実直に不合格

本日から帰宅マラソンのコースを変更。
M台駅から、Kヶ作公園までの丁度3キロを走った。
デッドラインは、4分台以内。

しかしタイムは5分11秒。
けだし、不合格。

昔からマラソンが苦手だったとはいえ、これでは本当にマズい。
目標が遠のく。

どうしたらいいものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の10番と同じような

右足首の痛みが引かない。
去年もちょうどシーズンが始まる直前に足首をやってしまっていた。

その時、早く治すことを優先して、休息を取った。
しかし、結果はフィジカルの低下を齎しただけだった。
多少のケガは、やはり目を瞑らなければならない。


30日。
僕は午後のチーム練習の前に、フットサルに参加した。
無論、なるべくボールを蹴らないように。
走ることに重点を置き、無駄に走った。

特に走る分には痛みはなかった。
このまま終わる分には、フッティの練習に向け、いい運動だった。
だが、終わりも近づいた頃、トップスピードから急停止をした時に激痛が走った。
横のブレでなく、縦のブレでここまで痛むとは、全くの予想外だった。
僕は下がって、足を抱えてのたうち回った。

その後、午後の練習に参加。
キックは遠慮させてもらった。

しかし、ハンドでもミスを繰り返す。
ただでさえ体力がないのに、異様なまでのスタミナ切れを起こす。
しかも左手小指を突き指した。

「またやってしまわないだろうか」

全てのプレーが、ケガの右足が影響していた。
デコボコの激しい久地では、尚更怖い。


ケガで最も恐ろしいのは、長引いてしまうこと。
そして、自分への懐疑心。

集中力の欠如を生んでいたのは、まさにそれだった。

ケガを早く治すこと。
フィジカルを落とさないこと。
今、出来ることをやるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »