« 悔しくないのか? | トップページ | どうにもこうにも »

まだ飛べる

27日の試合。
もう少し細かく振り返る。

第1Q
フルバックではなく、バックポケットで出場。
とはいえ、キーマンである相手フォワード・サトケンを原と一緒に見る形となった。
サトケンは背が高い。

ゲームが始まっていきなり、ハイボールが襲って来た。
僕は彼の前に身体を入れ、彼にマークをさせなかった。
しかし、私の手に触れたボールは後ろにこぼれ、ゴールを決められそうになった。
キックミスでゴールは免れたが、ブロックに入った際、身体をポールに強打させてしまった。
左肘を負傷。
(試合は継続できる状態だったが、この左肘は今とても痛い)

その後、押される展開が続く。
試合の流れで、僕がラックマンをやる展開に。
相手は長身のサトケン。
しかし、僕は勝つ自信があった。
僕のバネを見くびるな。

ボールがアップされる。
やはり触ったのは僕。
俺は、やれる。
しかし、僕が弾いたボールの方向には駒大の田中がいた。
「折角勝ったのに、畜生」

ここまでが空中での話。
着地した時、右足に激痛が走った。
捻挫していた右足首を、またやってしまったのだ。

まだ、走れる状態だった。
しかし、直後に交代を告げられた。
外から見たら、痛めたのが明らかだったのだろう。
こうして1Qが終わった。

第2Q
ウイングで出場。
いきなりタックル成功。
山口に言われた。
「はやっさん、もう少し下で」
バレたか。
実は僕のタックルは相手の左肩に掛かっていた。
つまり、Too High、反則だった。
でも、2Qは確かに雰囲気が良かった。
タケがゴールを決め、追いつける気がした。

しかし追いつけなかった。
第3Q、初めてサトケンのマンツーを命じられる。
誰にも負ける気がしなかった。

ゴール際、ボールを追った。
ボールがラインを割った、それを見届けた後だった。
右足に激痛が走った。
また、挫いてしまったのだ。
今度は動けなかった。
のたうち回った。
痛みで顔をしかめるとはこういうことか。

第4Q
痛みを忘れる様に、出場を志願した。
疲れているチームメイトを助けなければ。
足を引きずっているのは、自分でもわかった。

そんな中、相手ビハインドから私の方にボールが向かって来た。
マークした。
ゴールまでの距離があった。
背後からボールを求めるJamesの声がした。
しかし、僕は狙った。

ボールは真っ直ぐゴールの方向に飛んだ。
「来い!」
僕の声は届かず、ゴールスクエアに落ちた。
あともうちょっとだった。

その直後、交代が告げられた。
そして、試合終了の合図。
僕は座り込んだまま、動く事ができなかった。

試合後、道人と話した。
敗因、そしてこれからの事。

「次のICは最後のチャンスだから」
そういった僕に、彼は
「いや、もう一回くらい行けるでしょう」

そして、彼は言った。
「やっぱり、ICですよ」

インターナショナルカップ。
この痛みの先に、きっとそれはある。

|

« 悔しくないのか? | トップページ | どうにもこうにも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200437/35576570

この記事へのトラックバック一覧です: まだ飛べる:

« 悔しくないのか? | トップページ | どうにもこうにも »