« 19分が示すもの | トップページ | Do the hocus pokus to myself. »

背負うもの

多分あの時だと思う。

20日の練習で、丁度レーンハンドをやっている時だ。
キッカーがワザとローボールを蹴り、それをキャッチ又はピックするという練習だ。

少し突き指したかな、と思った。
そして少し指を回そうとした瞬間、パキッという音がした。
その後もプレーは続けた。


そして今日病院へ行った。
レントゲンを見ると、僕の右手中指の第一関節の部分はポッキリ折れていた。

骨折。

ここまではっきりとした骨折は、生まれて初めてだ。
さらに近日中に手術が必要だとの事。

悪夢のようだ。
これで次戦ゴアナーズ戦と上海遠征でのプレーが絶望的となった。
悔しいのは、足の怪我の時と違って、プレーは可能な状態にあるということだ。


それにしても今年は怪我が多過ぎる。
上手くなろうにも、プレーをさせてもらえないのでは・・・。
気持ちと裏腹に上達を許してもらえない状況の連続に、流石に気持ちが萎えているのがわかる。

引退、という文字が頭をよぎる。
目標を失った人間、死も同然だ。

|

« 19分が示すもの | トップページ | Do the hocus pokus to myself. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200437/36854043

この記事へのトラックバック一覧です: 背負うもの:

« 19分が示すもの | トップページ | Do the hocus pokus to myself. »