« 背負うもの | トップページ | 跳ねるのカラダ »

Do the hocus pokus to myself.

シーズンが終わってしまった。


とにかく怪我と病気に悩まされたシーズンだった。
初戦の名古屋で捻挫をし、全く治ってないまま駒澤戦で悪化させた。
大阪には行けず、夏はウイルス性の扁桃腺炎に倒れた。
アラスカ帰り直後の練習で右手中指を骨折し、無理矢理臨んだ上海では出場5分で味方に足を踏まれ帰国後重度の打撲と診断された。
右手はスポーツを出来るまではあと一週間程掛かるらしく、右足の痛みは医者の診断の通りと行かず、まだ完全に引いていない。

何と不毛な一年だったろう。
怪我から学んだ事は何一つない。
戸惑いながら時間を徒に過ごしただけだった。

怪我をするのは本人に何か原因があるからだと言う人がいた。
ただ怪我を恐れることは、自分のプレースタイルを変えることだ。
相手より一瞬先にボールに触れる。
その一瞬の差を追求する事が自分の生きる道なのだ。
手に触れた後の自分の身体のその他の部位の事を考える事を始めたら、積極的なプレーは出来なくなる。
そういう意味で、僕は白井さんという選手を尊敬している。

シーズンは終わってしまった。
だが、まだ選手生命もう少しだけ残っている。
最後の力を振り絞って、次に臨む。

まず、gfの前座試合。
少しでもプレーできれば。


|

« 背負うもの | トップページ | 跳ねるのカラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200437/37628346

この記事へのトラックバック一覧です: Do the hocus pokus to myself.:

« 背負うもの | トップページ | 跳ねるのカラダ »